果物を返礼品として検討している人の中には、「りんご」を候補の一つとして考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、数あるりんごの中でも寄付金額や加工品といった要素から特におすすめしたい5つのカテゴリごとに商品を紹介します。

 

後半には実際に返礼品を受け取ったことのある寄付者の声も交え、りんごを注文する時の注意点についても説明します。

これから返礼品として申し込もうとしている人は併せて読まれることをおすすめします。

目次

■寄付金1万円で10kg以上のりんごが届く自治体3選!

ここでは1万円の寄付金で10kg以上のりんごが送られてくる自治体を3つ紹介します。

たくさんのりんごを手に入れつつ、一定金額の寄付に抑えたい人にはおすすめです。

 

1.家庭用りんご(ふじりんご)40~46玉 10kg【山形県上山市 寄付金額:10,000円】

山形県上山市の返礼品は山形県で栽培された「ふじ」です。

ふじは皮が薄めなので、素材を丸ごと味わいたい人にはおすすめです。

返礼品として、10kg相当の40〜46玉が届きます。

 

小玉が送られてくるため、毎日食べるには無理のないサイズ感ではないでしょうか。

一人で食べてもよし、家族で分けてもよしという返礼品です。

ちょっとしたお礼にもおすすめです。

 

2.りんご(サンふじ)【山形県天童市 寄付金額:18,000円】

山形県天童市の返礼品は天童産の「サンふじ」です。

10kg相当の28〜36玉が届きます。

どれも秀ランク相当のりんごです。

サンふじは育つ時に太陽をいっぱい浴びているため、りんご本来の甘みとコクを持ちます。

 

天童市のりんごはふるさと納税関連サイトでも人気が高いです。

どのりんごを頼もうかと迷った時は、候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

3.【ご家庭用】長野県産 サンふじリンゴ(10kg)【長野県 寄付金額:10,000円】

長野県の返礼品は長野県産の「サンふじ」です。

10kg相当のりんごが届きます。

サンふじは栽培過程でりんごを袋で覆わないため、見た目が他のりんごに比べると劣る場合があります。

その反面、雨風といった自然に鍛えられるため、その中には甘みとコクが詰まっているのが特徴です。

 

今回長野県が送り出すサンふじはどれも自然に負けずに育ってきた強いりんごたちです。

ぜひ、この機会に長野の代表的な味覚である信州のりんごを味わって見てはいかがでしょうか。

 

■訳ありだからお得なんです!B級品のりんごが届く自治体2選!

ここでは訳あり品だからこそ、お得にゲットできる自治体を2つ紹介します。

多少の傷付きやりんごの見た目が気にならない人にはおすすめです。

 

1.キズありサンふじ(ご家庭用) 10kg【長野県喬木(たかぎ)村 寄付金額:10,000円】

長野県喬木(たかぎ)村の返礼品は、選別の過程で規格外となった「サンふじ」です。

返礼品としては10kg相当の24〜36玉が届きます。

規格外というのは、キズ以外にも軸割れや色むら、変形や小玉などがあります。

 

見た目は訳ありですが、規格品のりんごと栽培方法などは変わらないため、味に大きな違いはありません。

そのまま食べることはもちろん、りんごのお菓子やジュースなどの加工品用として使用することもできます。

 

2.ワケ有りりんご「秋映(あきばえ)」ひょう害果10kg【長野県上田市 寄付金額:10,000円】

長野県上田市の返礼品は、ひょうの被害を受けた「秋映(あきばえ)」です。

ひょうの被害を受けて色むらができたり、傷ついたりした秋映10kg相当(24〜36玉)が届きます。

秋映は黒みを帯びた赤という外見を持つりんごです。

香りが強く、果汁が多いのが特徴です。

 

見た目は訳ありですが、規格品のりんごと栽培方法などは変わらないため、味に大きな違いはありません。

この機会に秋映という品種に挑戦したい人にはおすすめです。

 

■よく検索されます!「長野県産」のりんごが届く自治体3選!

ふるさと納税では「長野県産」のりんごをチェックしている人が少なくありません。

りんごの産地として全国的な知名度があるため、候補を絞る時にキーワードの一つとして利用されます。

どのりんごにしようかと迷った人は、ぜひこちらをご覧ください。

 

1.信州のりんご シナノスイート 5キロセット【長野県 寄付金額:10,000円】

長野県の返礼品は地元で育てられた 「シナノスイート」です。

今回は、約5kg相当が返礼品として送られてきます。

 

シナノスイートは長野で生まれた品種です。

糖度、旨みはもちろんのこと、日持ちの良さも特徴の1つとしてあげられます。

 

冷暗所といった、りんごにとって適切な環境で保存することで5kgでも余裕を持って食べることができます。

りんご好きの人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

2.高遠産 りんご5kg【長野県伊那市 寄付金額:10,000円】

長野県伊那市の返礼品は、伊那市高遠産のりんごです。

この返礼品では、6種類のりんご(シナノリップ、つがる、シナノドルチェ、秋映、シナノゴールド、ふじ)の中から、どれか1種類(5kg相当)が送られてきます。

 

どのりんごが届くかは箱を開けるまでのお楽しみになります。

長野県産のりんごが食べたい人はもちろん、直前までワクワクしたいという人におすすめです。

 

3.サンふじ・シナノゴールド ご家庭用(約5㎏ずつ)【長野県小布施(おぶせ)町 寄付金額:20,000円】

りんごの食べ比べ!

長野県小布施(おぶせ)町の返礼品は、地元で収穫された「シナノゴールド」と「サンふじ」のセットです。

各5kgずつ、合計10kgが送られてきます。

 

黄色のシナノゴールドと赤色のサンふじ、2つのりんごが持つ味わいをぜひこの機会に食べ比べてみてはいかがでしょうか。

りんご好きの人はもちろん、みんなでワイワイしながら食べても楽しめるに違いありません。

 

■りんごジュースやお菓子などの加工品が届く自治体3選!

ここでは生のりんごではなく、りんごジュースやお菓子などの加工品が届く自治体を3つ紹介します。

普段からりんごのお菓子が好きで食べる人はもちろん、生のりんごとは違う魅力を味わいたい人におすすめです。

 

1.無添加りんごジュース 丸ごと果汁【岩手県遠野(とおの)市 寄付金額:10,000円】

岩手県遠野(とおの)市の返礼品は、岩手県産の3種類のりんごから作られたりんごジュースです。

種類はジョナゴールド、サンふじ、サンつがるになります。

返礼品として、各1ℓずつ合計3本のジュースが送られてきます。

 

無添加にこだわって製造されているため、それぞれのりんごが持つ本来の味わいを感じられます。

子供からお年寄りまで幅広い世代で楽しむことができるため、ちょっとした家族の集まりやパーティーにおすすめです。

 

2.濃厚果実と燻製果樹ギフト【山口県山口市 寄付金額:10,000円】

山口県山口市の返礼品は地元企業が手塩にかけて育てたりんごから作られた加工品です。

りんごジュース、ジャム、りんごを使った燻製のセットです。

バラエティ豊かなりんご加工品の盛り合わせとなります。

 

ふるさと納税を通して、山口県や山口市を応援したい人はもちろん、一味違う返礼品を楽しみたい人におすすめです。

こうした加工品を通して、この機会に山口県産のりんごに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

3.林檎屋本舗のりんごスイーツセット【長野県松川町 寄付金額:10,000円】

長野県松川町の返礼品は地元でりんごのスイーツを販売するお店が作ったりんごのお菓子詰め合わせです。

りんごのカステラ、どら焼き、パウンドケーキなど6種類のお菓子が入っています。

 

ここで使用されているりんごは、なんと自社農園で手塩にかけて育てられたものです。

りんごが名産の一つである長野県から届くスイーツたち、ぜひ一度は食べてみたいです。

 

■大人だけの楽しみ!りんごのお酒が届く自治体2選!

りんごは老若男女が美味しく食べられる果物ですが、ここでは大人だけが楽しめる、りんごを使ったお酒を紹介します。

いつもとは違うひとときを、りんごのお酒と大切な人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

1.陸前高田のりんごエール×8本【岩手県陸前高田市 寄付金額:10,000円】

岩手県陸前高田市の返礼品は地元名産の米崎りんごを使用した地ビール「りんごエール」です。

返礼品として、このりんごエールが8本送られてきます。

このビールは復興を通して、「地元のりんごをもっと知ってもらいたい!」という思いから誕生しました。

 

震災復興の応援したい人をはじめ、りんごエールを味わってみたい人や他とはちょっと違う返礼品を探している人など様々な人におすすめできる一品です。

このりんごエールを飲んで、ぜひ陸前高田を支援しませんか。

 

2.朝日町ワインCidre(シードル)甘口・辛口セット【山形県朝日町 寄付金額:10,000円】

山形県朝日町の返礼品は、朝日町産のりんごから作ったスパークリングワイン、シードルです。

辛口とやや甘口の2本セットが送られてきます。

りんごの栽培から製造までは全て町内で行われている、正真正銘の朝日町産のシードルです。

 

シードルが好きな人はもちろん、シードルは飲んだことがないという人にもおすすめしたい一品です。

シードルをはじめ、ワインは好みが分かれるため、味違いがあるとイベントやパーティーなどでも重宝するに違いありません。

 

■りんごを返礼品とする時の注意とは?

ここではりんごを返礼品として注文する時に注意したいことや、気をつけてほしいことについて紹介します。

実際にりんごを返礼品として取り寄せたことのある人の声やその体験談もまじえながら説明します。

 

1.りんごは涼しいところに保存しましょう!

りんごは涼しくて暗いところで保存することで長持ちします。

そのため、日の当たる場所や暖かい場所には保存しないように注意して下さい。

 

特に冬場は、暖房によって部屋全体が暖かいことが多いかと思います。

その場合はそのまま放置することを避け、少量の場合にはビニール袋などに入れた状態で冷蔵庫の野菜室、多量の場合には家の中でも薄暗くて涼しいところに保存することをおすすめします。

 

特に5kgや10kg単位での返礼品を希望している場所には、“適切な保存場所を確保できるのか?”といった条件を確認してから寄付をした方がよいでしょう。

 

またりんごはエチレンガスという、他の果物の成熟をうながすガスを出しています。

他の野菜や果物と一緒に保存させる場合には、ビニール袋で覆うと他の食材に与える影響を抑えることができます。

 

2.あまりにも痛んでいた場合は一度自治体に相談しましょう!

「届いたりんごが傷んでいて、悲しい思いをした!」これはりんごに限らず、全ての果物に当てはまるトラブルです。

 

痛みの程度にもよりますが、食べられない状態で届いた場合には、まずは自治体に相談されることをおすすめします。

自治体の判断にもよりますが、場合によっては代わりの品物を用意してくれるケースもあるそうです。

 

あくまでも返礼品は、自治体からの心ばかりのお礼です。

そのため交換の強要や無理な要求はしないように注意してください。

 

地域によっては訳あり品やB級品を返礼品としている場合があります。

トラブルを避けるためにも、必ず条件に納得した上で寄付を申し込むようにしてください。

 

3.時期によっては返礼品が届くまでにタイムラグがあります!

りんごと一括りでまとめても、種類や収穫時期によって返礼品が到着する時期が変わります。

また同じ種類のりんごでも栽培される地域によってその質は変わってきます。

 

そのため、気になる自治体がある場合にはふるさと納税に関するサイトや口コミなどをチェックしてから応募されることをおすすめします。

自治体によっては、申し込みページに注意書きや返礼品が届く時期が記載されています。

こうした情報も見落とさないように注意してください。

 

特に申し込み内容に記載は無いけれども「なんだか心配」という人は、まずは自治体に連絡を取られてみてはいかがでしょうか。

 

■まとめ

ここではふるさと納税の返礼品としておすすめしたいりんごを数量や産地から紹介しました。

ご自身が関心のある自治体に寄付をするもよし、りんごの名産地に寄付をするもよし、ぜひ興味を持った自治体のページをご覧になってみてください。

きっと、お目当ての一品が見つかるはずです!